日経225mini投資分析方法

日経225miniを多機能チャートでテクニカル分析

日経225mini、日経225先物のような先物取引では、ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析を重視する投資家が多いようです。


レバレッジをきかせた先物取引では、少し値動きがすぐに10,000円の損益になります。


それも短時間で、相場が動く事を考えると、ファンダメンタルズ分析に必要な情報を収集している間に、値が飛ぶ事もあるでしょう。


テクニカル分析では、相場で起こっている事が情報ですから、チャートで表してそこから売買タイミングを知ることも可能です。


そう考えると、短時間勝負になるのであれば、テクニカル分析の方が有利かもしれません


テクニカル分析にもいろいろありますが、よく使うのは、「一目均衡表」です。

一目均衡表は、相場の信号機とも言われるテクニカル分析です。


エントリーポイント、エグジットポイントを決める目安になります。


トレードで難しいのは、いつ入りいつ出るか?この2つのポイントと言われます。


一目均衡表は、5つの指標で表されています。


基準線、転換線、先行スパン上限線、先行スパン下限線、遅行線です。


一目均衡表を勉強して、使うと非常に強力な武器となると思います。


一目均衡表を使える多機能チャートを提供している証券会社を紹介しておきます。


トレイダーズ証券多機能チャートは、一目均衡表をはじめ、MACD、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどが使え、パラメータも変更する事が可能です。


口座開設者に無料で提供されています。




■■ Link ■■

トレイダーズ証券の日経225先物・オプション取引

2006年12月10日 10:20