日経225mini投資分析方法

日経225mini相場分析に有効なのは?

相場分析には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。


ファンダメンタルズ分析とは、経済の基礎的諸条件と訳されます。


例えば、企業業績、金利動向、為替変動、国内景気状況、海外の景気状況、国内、海外政治政策などなどが分析の材料となります。


テクニカル分析は、チャート分析です。


チャート上の動きから、相場が上昇するのか、下降するのか、どのポイントで買うのか売るのかを分析するものです。


テクニカル分析にも、数多くの種類があります。


ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析と両方で分析すればよいのですが、日経225miniなどの先物取引では、テクニカル分析を重視するという投資家が多いようです


日経225miniは、先物取引ですから、限月と言われる決済期限があります。


という事は、長期保有ができず、短期トレードが中心になります。


それに、証拠金取引ですからレバレッジ効果が発生します。相場の少しの変動で、大きな損益が出ることも考えられます。


あと、ファンダメンタルズ分析に必要な情報が、私たちのような一般投資家に伝わるには、少しタイムラグが発あり、情報が入ったころには、すでに相場が動いている事になります。


このような事から、現在相場に現れている事を分析するテクニカル分析の方が、短期トレードになる日経225minなどの先物取引には、有効と言えそうです。




■■ 関連記事 ■■

日経225miniを多機能チャートでテクニカル分析

■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら



2006年11月26日 16:20