日経225mini基礎知識

日経225miniの税金は申告分離課税

日経225miniで利益が出た場合、所得税の課税方法は「申告分離課税」になります。


「決済を行った日の属する年分の所得」として、「申告分離課税」により所得税が課税されます。


申告分離課税は、他の雑所得と合算しないで、別に計算をします。


また、現物株の取引などで利用のできる「源泉徴収のある特定口座」は、先物取引に関しては、利用できません。


そのため、確定申告をする必要となります。


日経225miniなど先物取引の利益は、有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引(差金決済による売買損益に限る)、商品先物取引(商品の受渡しが行われるものを除く)の損益との通算ができます。


例えば日経225miniで利益が発生、FXくりっく365(取引所取引FX)で損失が発生していれば、日経225の利益からFXくりっく365の損失を差し引く事ができます。


税金を計算する際には、「売買差益損益から委託手数料を引いた金額」を全部合計して、その利益に税率をかけます。


税率、「国税15%+地方税5%」の一律20%。


金融先物取引と現物株の取引での税金は違いがあり、現物株の取引についての損益や税額の計算は、雑所得ではなく「譲渡所得」の中で行います。


そのため、現物株の取引での損益と、有価証券先物取引での損益を相殺することはできません。


また、先物取引に関しては、損失の繰越控除という制度がありますので、損失が出た場合にはこの制度を利用するかどうか、よく検討することが必要です。


■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら



■■ Link ■■

『日経225miniとは?』

2009年02月12日 21:09