日経225mini基礎知識

日経225miniとは?

日経225miniは、日経225先物取引の10分の1程度規模で取引できる先物取引商品


日経225miniより先に、日経225先物取引が、大阪証券取引所に上場されています。


日経先物取引は、日経225と連動した株価指数先物取引


これと同じく、日経225miniも日経225を対象としています。


日経225miniも日経225先物取引も証拠金取引


また、先物取引となるので、日経225mini、日経225先物とりひきとも限月というものがあります。


大きな違いは、取引単位


日経225先物取引は、日経225平均株価の1000倍


それに対し


日経225miniは、日経225平均株価の100倍と10分の1と小さくなっています。


日経225miniは、証拠金も日経225先物取引の10分の1。


例えば、日経225が、8000円だったとすると


日経225先物取引は、8000円×1000倍=8,000,000円が投資対象


これを、証拠金10%の取引では、80万円が投資金額として必要。(証拠金は、わかりやすく10%としていますが、実際はSPAN®というものがあり、それに基づき,証券会社が算出)


これに対し


日経225miniは、8000円×100倍=800,000円が投資対象


証拠金10%とすると、8万円で投資可能。


これにより、日経225miniのほうが、少額から投資できるようになり、個人投資家に人気がでました。


■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら


2009年01月17日 10:22