日経225mini基礎知識

日経225とTOPIX(東証株価指数)

私たちがニュースなどで、連日見かける日経225


「東京証券取引所第一部に上場している銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均し、かつ連続性を失わせないように株価の権利落ちなどを修正した修正平均株価」のこと。


日経225miniなどは、この指標に連動した金融商品です。


日経225に対し、TOPIX(東証株価指数)というのは「東京証券取引所第一部に上場している全銘柄を対象に、上場株式数でウエイトをつけた時価総額指数」です。


日経225に比べると、まず発行済株式数の大小が考慮されることになり、さらに全銘柄が対象


そのため、最近では日経225よりも、TOPIX(東証株価指数)を優先的に、ニュース番組などを報道するという傾向も見られます。


しかし、まだまだ日経225のほうが一般的です。


また、現在のTOPIXは「浮動株」と「固定株」のうち、「浮動株」のみを用いて計算されることになっています。


固定株というのは、市場の動きとは関係なく、一定の株主がずっと保有していて、市場に放出される可能性が低い株式のことです。


これに対し、浮動株は市場に流入する可能性がある株式のことです。


浮動株のみを用いてTOPIXが計算されることは、TOPIXが市場の値動きをより反映した指数になる、ということを示しています。


日本の投資指標としては、日経225、TOPIXのほかに、単純平均株価、出来高、時価総額などが用いられることもあります。


また、投資対象になるのは、日経225がのほうが、一般的なようです。


■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら

2009年01月11日 23:25