日経225mini基礎知識

日経225先物

日経225miniがはじまったのは、2006年7月からです。


その前に、日経225先物があり、その10分の1ラージで日経225miniが登場しました。


日経225先物とは、どのような商品なのでしょうか。



先物取引とは、「将来のある時点で、現物(商品、株式、通貨など)を買うあるいは売る約束」です。


ただ、日経225先物は、現物が商品や通貨などではなく、日経平均株価の指数になります。


日経225先物にも、「ある時点」があります。


限月(げんげつ)というものがあり、日経225先物の限月は、3月、6月、9月、12月と決まっています。


この各限月、第二金曜日の前日まで取引することができ、最終日までポジションがあるとSQという特別清算指数で、強制的に清算され損益が確定します。


もちろん、最終日まで持っている必要はなく、それもでに取引をする事もできます。


売買単位は、指数の1000倍


例えば指数が¥15,000なら×1000で、¥15,000,000を1枚といいます。


では、この取引をするのに、1500万円必要なのか?というとそのような事ではありません。


先物取引は、証拠金取引で行うので、50万円〜60万円の証拠金で取引ができます。(証拠金は取り扱い会社により違います)


日経225先物は、約30倍のレバレッジ取引です。


少ない資金で、大きな投資ができるのが、証拠金取引の魅力であり、またリスクです。


日経225先物は、他の先物取引同様、買いから入ることもできるし、売りから入ることもできます。


安く買って、高く売るか、高く売って、安く買えば利益、反対なら損失が出ることになります。

■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら



■■ 関連記事 ■■

『日経225miniとは?』


2006年12月17日 21:48