日経225mini基礎知識

先物取引の特徴

日経225minも先物取引商品の1つになります。


その先物取引の特徴と言われ中に、代表的なものが3点あります。


■ 取引期限 ■


先物取引とは、将来のある期日に、現物(商品、通貨、債権など)を買う、あるいは売る約束をするものです。


株などでは、基本的に保有している株は、期限なく持っていることができます。


しかし、先物取引では、期日がありその期日がくると自動的に決済されます


勘違いしやすいのですが、期日まで決済できないという意味ではありません


例えば期限が、平成18年3月第二金曜日の前日となっていれば、それまでの期間内であれば、買いで持っているのであれば、売り、売りで持っているのであれば、買いと反対売買で決済が可能です。


このように期限内であれば、売買はいつでも可能です。(もちろん、取引時間内で取引が成立すればです。)


■ 差金決済 ■


差金決済とは、買いまたは、売りを持った価格と、決済時点での買いまたは、売りの価格の差額をやりとりする決済方法です。


例えば、10000円で買い、11000円で決済したとします。


取引所経由の売買としましょう。10,000円の商品を仕入れれば、10,000円を先に支払い、11,000円で商品を売ったときに11,000円を貰い、1,000円が儲けとなります。


この取引では、実際に10,000円と11,000円のやり取りが行われます。


先物取引では、10,000円と11,000円の差額1,000円のやり取りだけが行われます


この差金1,000円が利益、もし9,000円でしか売れなければ、1,000円の差損になります。


これが、差金決済です。


■ 証拠金取引 ■


先物取引は、期限または、期限内のある時点で差金決済をします。それまでの間、代金のやり取りはありません。


ただ取引をはじめる前に、証拠金を用意することが必要です。


この証拠金の金額は、証券会社などによって違います。


例えば、外国為替証拠金取引であると、多くは、10,000通貨単位の取引です。


米ドルが1ドル=100円の時に買うとすると、10,000通貨×100円=100万円必要となります。


ただ、外国為替証拠金取引も差金決済なので、10万円ほどの証拠金でこの取引ができます。


差金決済分ほどの証拠金を入れる事により、取引がきる仕組みになっています。


10万円の証拠金を入れると言う事を言い換えると、10万円損をするまでは、取引をする資格がありますと言われているような事になります。


この証拠金取引で注意が必要なのは、少ない資金で大きな金額の投資ができる代わりに、損益が大きくなると言うことです。


先の例でいうと、10万円ので100万円分の米ドルを買えます。例えば1ドル=110円の時に売れば、


110円×10,000通貨=110万円、


100円時に買っているとすれば、


110万-100万=10万円、10万円の投資で10万円利益です。


しかし、90円でしか売れなければ、10万円の損失になります。


このような証拠金取引をレバレッジ効果が働く取引です。


100万円に対して10万円の証拠金で取引をすると、レバレッジ10倍取引と言われます。


日経225minの取引では、約30倍ほどのレバレッジ取引が多いようです。


レバレッジ取引では、少ない資金で大きな利益を得られるメリットと、損失が発生するリスクがあります。


その為、リスクコントロールをしっかりする事が必要です。


■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら

2006年11月26日 11:13