日経225mini基礎知識

先物取引

よく耳にするし、よく目にするが、今ひつわからない「先物取引」


日経225minも先物取引になります。


先物取引と言うのは、どのようなものでしょうか。


「将来のある時点において、現物(商品や株など)を買うあるいは売る約束をすること」


これが先物取引という事のようです。


何かわかるような、わからないような感じです。


農場を経営してるとします。農作物というのは、天候などにより収穫が大きく変化します。


毎年、農作物を育てるのに同じような経費がかかるのに、売れる値段は大きく変わる可能性があります。


そして一方、製菓会社を経営しているとします。毎年大量の小麦粉が必要です。


しかしこちらも、お菓子の売値は、変わらないのに、小麦粉の値段が高くなれば儲けが減ります。


また、決まった量の小麦粉が入手できないとお菓子が作れません。


この二者が、このような約束をしたらどうでしょう。


「来年9月の収穫時期に¥100/Kgで1トン売買する。」(例えばです。)


農家にとってこの価格が利益がでるものであれば、価格下落心配なく取引ができます。


製菓会社によっても、原材料の価格上昇、原材料不足の心配がなくなります。


お互いにリスクヘッジが出来ることになります。


また、この時までに手付金(証拠金)のやり取りがあったかもしれません。


このような取引が先物取引のはじまりです。


現在、先物市場取り扱われているのは、商品だけが取引されているわけではなく、金融派生商品なども取引されています。


先物取引には、リスクヘッジだけでなく、投機的取引もできます。


証拠金を入れる事により、その金額何倍かの取引ができる仕組みになっているので、短期間の売買で差益を得る事が可能だからです。


もちろんその反面、差損も大きくなる可能性があります。


だからこそ、ルールをしっかり理解し、リスク管理をする事が必要です。


■■ 日経225miniオススメ証券会社 ■■

★★トレイダーズ証券

金融デリバティブ取引に特化

★★ひまわり証券

トレイディングシステムで選ぶなら



■■ 関連記事 ■■

『日経225miniとは?』

2006年11月07日 00:03