日経225mini基礎知識

日経平均株価

ニュース、新聞で毎日のように見たり、聞いたりする「日経平均株価」


名前から連想するには、「日本経済新聞社が計算して出している株価の平均?」とう感じになります。


日本の株価指数として必ずと言っていいほど登場する「日経平均株価」、どのようなものなのか調べて見ました。

日経平均株価構成225銘柄とは?

日経平均株価を算出するため選ばれている225銘柄は、いずれも日本を代表する企業です。


日本株価のインディクスと考えればあたりまえとも言えます。


225銘柄は、少なくとも年に一回以上の割合で「定期見直し」が行われ、採用銘柄の見直しが実施されます。

先物取引

よく耳にするし、よく目にするが、今ひつわからない「先物取引」


日経225minも先物取引になります。


先物取引と言うのは、どのようなものでしょうか。

先物取引の特徴

日経225minも先物取引商品の1つになります。


その先物取引の特徴と言われ中に、代表的なものが3点あります。

日経225先物

日経225miniがはじまったのは、2006年7月からです。


その前に、日経225先物があり、その10分の1ラージで日経225miniが登場しました。


日経225先物とは、どのような商品なのでしょうか。

日経225とTOPIX(東証株価指数)

私たちがニュースなどで、連日見かける日経225


「東京証券取引所第一部に上場している銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均し、かつ連続性を失わせないように株価の権利落ちなどを修正した修正平均株価」のこと。


日経225miniなどは、この指標に連動した金融商品です。

日経225採用銘柄入れ替え

日経225の採用銘柄は、ほとんど毎年のように、入れ替えが行われています。


流動性の低い銘柄を流動性の高い銘柄に置き換えることが多くされます。

日経225miniとは?

日経225miniは、日経225先物取引の10分の1程度規模で取引できる先物取引商品


日経225miniより先に、日経225先物取引が、大阪証券取引所に上場されています。

日経225miniの税金は申告分離課税

日経225miniで利益が出た場合、所得税の課税方法は「申告分離課税」になります。


「決済を行った日の属する年分の所得」として、「申告分離課税」により所得税が課税されます。